物件探しその前に…!ひばりヶ丘の不動産ナビ

HOME » 不動産屋の選び方 » 不動産購入時に役立つ!早わかり不動産用語集【五十音順】

不動産購入時に役立つ!早わかり不動産用語集【五十音順】

不動産業界に限らず、世の中のあらゆる業界では、一般人がなかなか耳にしないような専門用語が数多く使用されています。

ここでは、不動産購入の際に知っていると役立つ不動産用語をいくつかピックアップしてご説明していきます。

 

 

不動産購入時に役立つ不動産用語集【五十音順】

RC造

RC造住宅やビルなどに主に用いられる構造。引っ張る力に強い鉄筋と圧縮に強いコンクリートを組み合わせた鉄筋コンクリートを使用している構造のことで、鉄筋コンクリート構造ともいう。 重い代わりに遮音性や耐火性に優れているため、マンションなどの集合住宅でも広く採用されている。

オープンハウス

戸建てなど、ドアを開放している状態で、誰でも内覧できるようにしている不動産のこと。

おとり広告

広告を出している物件以外の物件を購入させるように誘導する「客寄せ広告」のこと。一般的には価格を著しく安価に表記し、客寄せを図る。

買い替え特約

不動産買い替えの際の条項の一つ。手持ちの物件を売却できなかったときに、不動産購入の契約を白紙に戻すことができる。

区分所有権

建物一棟のなかで、独立して住居や店舗などの用途に使用できる区画がある場合、その区画の所有権のこと。マンションの一室を購入する場合などは、この権利を取得するとも言い換えられる。

建ぺい率

敷地面積に対する建築面積の割合のこと。日当たりや風通しの確保、火災時の延焼防止などのために用いられる。

固定金利

住宅ローンなどの借入金利の利率を固定している状態のこと。これに対して、金利が変動する場合は変動金利という。

事故物件

所有権などに関係する係争や所有者の自殺、殺人、浸水など、何かしらの問題点を抱えている不動産のこと。

実測売買

土地価格を坪単価で定め、面積の測量結果に基づいて売買価格を決めるという手法。測量の方法や費用などの条件は、売主と買主の間であらかじめ決めておく必要がある。これに対し、土地の総額をあらかじめ決めておく手法を公簿売買という。

専用使用権

分譲マンションなどで、特定の区分所有者が使用できる権利のこと。専用庭などに設定されているのが一般的。

耐火構造

建築基準法に基づいて耐火性能が高い材質を使用しているなど構造が特殊な住宅のことで、一定時間以上耐えることができると同時に、延焼を防ぐ働きがあります。

つなぎ融資

不動産を購入しようと検討している人が、住宅ローンや自己所有不動産の売却代金を受け取る前に必要となる工事代金や購入代金に使用するお金を借入する融資のこと。

テラスハウス

連棟式住宅のことで、現代風にデザインされた、おしゃれな長屋のようなもの。それぞれの住戸が2階建てになっており、専用テラスがついているのが一般的。隣の家と壁でつながってはいるものの、それぞれが専用の庭を使用できるため、戸建てに近い雰囲気を味わえる。

不動産コンサルタント

不動産に関する一定水準の知識と技術を持っている人のこと。不動産専門家としてのさまざまな知識や経験を生かし、不動産の利用や取得、処分、管理、事業経営、投資等を客観的な立場から助言する。投資家が不動産投資に関して相談するケースが特に多い。

輸入住宅

建築材料を国外で入手し、輸入した住宅で、日本の建築基準にも合格しているもの。おしゃれで個性的なデザインのものが多い。

容積率

敷地面積に対する建築物ののべ面積の割合のこと。住宅・商業・工業といった、用途地域ごとに定められた範囲内でのみ建物を建てられる。一部ですが、不動産購入時に役立つ用語をご紹介しました。不動産に関する知識をしっかりとつけて、不動産購入を成功させてくださいね。