物件探しその前に…!ひばりヶ丘の不動産ナビ

HOME » ひばりヶ丘の土地・家探しお役立ち情報 » マンションを探す

マンションを探す

ここでは、ひばりヶ丘の不動産物件のうち、マンションの相場について紹介します。

新築・中古・間取り別で見るひばりヶ丘のマンション相場

ひばりヶ丘エリアは現在マンション建設計画が進みつつあるようです。駅前をはじめ築浅マンションの物件が多く出ていますのでこまめにチェックしておくと良いでしょう。

ひばりヶ丘駅周辺のマンション平均

  • 面積77㎡、3355万円

実際の物件をご紹介しますので、参考にして下さい。

 

新築マンションは占有部以外の共用サービスも充実 

ひばりヶ丘は現在、都市計画道路整備による再開発が進められています。それにともなって、大規模なマンションも続々と整備されています。

間取りとしては、ファミリー層向けの2LDK~4LDKがほとんど。中心となっている3LDKの価格帯は、3000万円台後半が相場となっています。3LDKのファミリーマンションが中心という状況は、新築も中古もさほど変わりはありません。

しかしその設備については、2010年代に入ってから大きく変化しています。 省エネ家電が急速に普及したことを受けて、洗面台などの備え付け照明にはLEDが採用されています。

壁や床なども断熱構造になっているため、光熱費は新築マンションのほうが節約できると考えていいでしょう。また、ウォークインクローゼットなど大型収納が充実しているのも、新築マンションの特徴です。

マンションの占有部以外に目を向けると、さらに大きな違いがあります。パーティールームやキッズスペースといった、共用設備の充実です。大規模マンションにもかかわらず駐車場が全戸分用意されているなど、それぞれに特徴のあるサービスを打ち出しています。

新築か中古かを考える際には単純に間取りを見るだけでなく、共用サービスまで含めて考えてみてはいかがでしょうか。

 

◆新築物件例1
所在地:東京都西東京市ひばりが丘3丁目(ひばりヶ丘駅から徒歩18分)
占有面積:67.61m2~70.15m2
築年月:2017年2月
間取り:3LDK
価格:3,398万円~3,998万円
備考:小学校・大型公園・ショッピングモールへ徒歩6分

◆新築物件例2
所在地:東京都西東京市谷戸町2丁目(ひばりヶ丘駅から徒歩12分)
占有面積:60.16m2~86.10m2
築年月:2017年12月
間取り:3LDK
価格:3,749万円~4,269万円
備考:共用部にキッズスペース・パーティールーム・コワーキングスペースなど

 

中古マンションは年代によって大きく差が出る

ひばりヶ丘は昔からファミリー層中心の土地柄のため、中古マンションも間取りとしては2LDK~4LDKが中心です。ただ、年代や構造によって価格に大きな開きが出るため、どのくらいが相場なのかは何とも言いようがありません。

目安としては、2000年に始まったマンションの品質保証制度があります。2000年以降に建設されたマンションには、10年間の瑕疵担保が義務化されています。住宅性能もすべて表示されているので、選ぶ際の参考になるはずです。

2000年以前のマンションについては、だいたいの相場は新築の半額~7割程度と考えておくといいでしょう。具体的には、3LDKで1700万円~2300万円くらいです。

2000年以降のマンションについては、個々の物件によってさまざまです。一番痛みやすい水回りなどのリフォームが行われていれば、場合によっては新築とあまり変わらない価格になってしまいます。

しかし安い中古マンションを買っても、築10年以上なら入居前にリフォームを考えなければなりません。購入時にはその経費を織り込んで検討する必要があります。

 

◆物件例1
所在地:埼玉県 新座市栗原1丁目(ひばりヶ丘駅から徒歩19分)
占有面積:69.92m²
築年月:1995年1月
間取り:2SLDK
価格:1,780万円
備考:7階・小学校まで200m

◆物件例2
所在地:東京都西東京市ひばりが丘4丁目(ひばりヶ丘駅から徒歩1分)
占有面積:89.95m²
築年月:2002年4月
間取り:4LDK
価格:3,200万円
備考:広々バルコニー・駅チカ 

ひばりヶ丘の分譲マンション情報こちら≫

 

マンション購入のポイント

マンションは多くの方と土地や建物を「共有」して住むことになります。だからこそ、広い緑地や共用施設が利用できるメリットがありますが、大規模修繕や建て替えの実施は、共有している方々の合意が取れないとできません。

また、上下左右の生活音、エレベーターの音、廊下の話し声など、周囲の音が気になる場合も少なくありません。購入前に、部屋の内部だけでなく、マンションのどの位置にあるのかを確認して、環境を確認しましょう。

入居後の費用のことも考えておく必要があります。
マンションは、管理費、修繕積立金、駐車場や駐輪場代など、定期的なコストが発生します。共有施設やコンシェルジュなどの共有サービス維持も管理費に含まれます。自分たちに必要なサービスかどうか、管理費負担と照らし合わせながらの考慮が必要です。

新築マンション購入の注意点

モデルルームを利用すると、実際のイメージが湧きやすく、購買意欲も高まります。モデルルームでは、標準仕様よりゴージャスな状態でインテリアなどが配置されていることが多いため、オプションについてはよく確認を。

また高層マンションや大規模なマンションの場合は、エントランスの長さやエレベーター待ちの時間が意外にかかることもあるので注意しましょう。

中古マンション購入の注意点

マナションは構造上、リフォームできることが限られています。水回りの移動は難しいですし、サッシやドアなど共用の部分は個人でリフォームすることは原則としてできません。

リフォーム中の騒音配慮も重要です。現地見学で外壁の状態や、防犯性、管理状態などを確認。今までの修繕内容や、今後の修繕計画も確認しておきましょう。最小限のリフォームで済む状態のよい物件を選ぶことも一案です。